Go-Global (ハイブリッド型シンクライアント)

■ 資料のダウンロードはこちら

シンクライアントとは

在宅勤務やテレワーク導入の際にセキュリティ対策のひとつとしてシンクライアントを利用しています。

シンクライアントとは、サーバー側で OS やアプリケーションの処理を行い、クライアント端末でサーバーが処理した内容を表示する仕組みです。

クライアント端末ではキーボードやマウスの入力情報をサーバーへの転送することと、サーバーからの画面情報の表示することだけとなり、データは一切残らないため、情報漏えい等のセキュリティ対策として注目されています。

go-global

てぃーだクラウドではセキュリティ対策や運用コスト、サーバーホスティングなど、お客様に最適な利用環境を提案いたします。

 

一番のメリットは場所にとらわれない業務体制

データは全てサーバーで管理しているので、会社内はもちろん、外出先や自宅でも継続して業務を進めることが可能となり、在宅勤務やテレワークにも最適なサービスです。

 

セキュリティ対策

ユーザー情報、アプリケーション等はサーバーが一元管理するため、クライアント端末にデータは残りません。

データは全てサーバーに残るので、クライアント端末の紛失や盗難にあっても情報漏えいを防止できます。

ユーザー毎に利用を許可するアプリケーションを制限できます。

ネットワークに流れるのは、マウス、キーボード操作と画面情報のみなので、内容を盗聴される恐れがありません。

ユーザーの操作状況は、全てサーバーにアクセスログが残ります。

 

運用・管理コストの削減

クライアント端末として専用の端末を用意する必要がなく、お客様の手元にある端末で利用できます。

必要なアプリケーションはサーバーにインストールされているので、クライアント端末毎にアプリケーションをインストールする必要がありません。

クライアント端末に必要なアプリケーションは Web ブラウザだけです。

 

クライアント環境を選ばない

Web ブラウザさえあれば、Windows, Mac, Android など OS を問わずご利用できます。

クライアント端末の OS を入れ替える必要がなく、低スペックや古い端末でもご利用可能です。

 

他社製品と比較して動作が軽くて速い

従来の他社製品は、サーバーからクライアント端末に画面イメージを転送するので、帯域を多く使い、動作が重いというデメリットがありました。

Go-Global ではサーバーからクライアント端末に転送するのは画面描画命令のみなので、帯域に負荷がかからず、早い画面処理が実現できます。

 

サーバー機器の選定も任せて安心

てぃーだクラウドでは、サーバーホスティングも合わせて、お客様に最適な利用環境を提案いたします。

お気軽にお問い合わせください。

■ 資料のダウンロードはこちら