Cloudbric (クラウドブリック) – クラウド型 WAF (Web サイト用ファイヤーウォール)

■ 資料のダウンロードはこちら

 

WAF とは

WAF (ウェブ アプリケーション ファイアウォール) とは、外部からの不正アクセスを防ぐためのファイアウォールの中でも、Web アプリケーションの不正アクセスに特化したファイアウォールで、Web アプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃から守るセキュリティ対策の一つです。

cloudbrick

公開している Web サイトは、改ざんや個人情報漏えいなどサイバー犯罪に悪用される危険性を抱えています。Cloudbric は Web サイトに最高レベルのセキュリティーを提供します。

複数の接続元から一斉にサーバを攻撃し、サーバに過剰な負荷をかけ続ける DDoS 攻撃や、Web アプリケーションの脆弱性を悪用した SQL インジェクションなど、あらゆる攻撃から Web サイトを守ります。

 

クラウド型 だから簡単導入

従来は WAF と呼ばれる機器を購入・設置して自身で運用する必要がありました。ウン百万円ほどの初期費用とウン十万円ほどの月額費用、設置作業や運用・保守の担当者確保など、敷居の高いサービスでした。

Cloudbric はクラウド型 (SaaS 型) サービスなので、機器を購入する必要がなく比較的安価に、簡単な手続きのみで利用開始できます。

導入は DNS を変更するだけで完了します。既存の Web サイトを変更する必要はありません。

 

今後発生する攻撃を予測して検知

Cloudbric では Alice と呼ばれる機械学習の人工知能 (ディープラーニング) が世界中から膨大な攻撃データを収集・分析し、これまでに発生した既知の攻撃を遮断するだけでなく、今後出現が予測される攻撃から Web サイトを守ることができます。

また、不正アクセスが行われている接続元の IP アドレスや特定の国を解析し、ブラウザからマウス操作で遮断することができます。

つまり運用・保守の担当者などの管理者が不要となります。

 

使いやすい管理画面

Web サイトの閲覧数や実際にどれほどの攻撃が届いていたか管理画面から確認することが可能です。

グラフ形式で表示されるので、操作に専門知識は必要ありません。

 

月額費用

データ転送量 50GB : 28,000 円 (税抜き) から

 
cloudbric
http://www.cloudbric.jp

■ 資料のダウンロードはこちら